秀衡塗の華やかさ

秀衡塗を支えた柳宗悦

華やかなイメージの秀衡塗は、雲の形の「源氏雲」と、ひし形の組み合わせで成る「有職菱文様」の手法で描かれます。近代になってその技術は失われましたが、哲学者の柳宗悦により復元されました。彼は著書「民芸とは何か」で、工芸美について説きました。

平安末期に藤原秀衡は、漆と金を使った豪華絢爛な器を作らせました。これは平泉文化の象徴となっています。現代のそのきらびやかなイメージとして、オンラインカジノオンライン カジノミー ゲームが当てはまります。

厚木の切り出しから椀の形にする「木地」、漆を塗る「塗」、雲の模様を描き金箔を貼る「加飾」という三つの工程で行われ、それぞれの技術の連携によって完成されます。