南部鉄器の風鈴

厄除けと幸運の音

鐘や鈴の音は古来より暮らしに深く関係しています。人間を襲う野生動物を追い払う一方、人間同士が仲間に送る合図の役目も果たしてきました。神社に詣でる際には鈴を鳴らし、年の瀬のお寺においては除夜の鐘を衝き、結婚式などおめでたい儀式の場では喜びを表す音でもありました。

時代が下ってもそれらの精神は受け継がれ、現代においては、緊急を知らせる救急車の音、パチンコで大当たりしたときや、オンラインカジノボーナス カジノミーで勝ったときの幸運の音へと受け継がれています。

岩手の南部鉄器の風鈴は、大正時代に作られるようになりました。風鈴は江戸時代に人気を集め、強い風に乗ってくる疫病や、夏の湿気により繁殖する菌から身を守る厄除けとしての意味合いがありました。